トピックス 学会発表など

茶葉成分テアニンの継続的な経口摂取による脳障害の軽減(農研機構)

ラットを用いた動物実験ですが、テアニンを継続して経口摂取させると、実験的脳梗塞モデル(脳虚血-再還流)後に起こる健忘症状や、脳卒中により引き起こされる脳傷害が軽減されたそうです。

最近の発表ではありませんが…
→農研機構さんの研究発表資料(2003年)

更新日2013-08-04 (日)